なんで肩こりになるの?

肩こりとは

肩こりには「こっている」「張っている」「だるい」「痛い」など様々な表現があります。そして、肩こりには、頭と首と肩をつないでいる筋肉(僧帽筋)が最も関係しています。この筋肉は重たい頭を支え、肩甲骨を動かす際に使われており、日常生活の中でもよく使われる筋肉の一つ。筋肉は緊張している状態が長く続くと疲れて固くなり、この状態が続くことで「こり」や「痛み」が生じ、肩こりとなります。

「こり」の原因の多くは筋肉の緊張!

人の体は、立っているだけでも首、肩、腰に負担がかかります。人間の頭の重さは体重の約10~15%、腕の重さは体重の5%といわれており、たとえば体重50㎏の場合、頭の重さは5~6.5㎏にも及びます。これは、水の入った500mlのペットボトル約10本の重さに相当します。

悪い姿勢などにより筋肉の一部分に負担がかかると、筋肉が緊張し疲労します。すると、疲労物質が溜まり筋肉が膨張し、血行が悪くなります。筋肉疲労が継続すると筋肉が固く収縮し、「こり」となります。疲労物質が末梢神経を刺激して痛みが起こることもあります。

姿勢の悪さ、歯のかみ合わせ、目の疲れも原因に!

肩こり対策は、まず原因を知り、改善することが大切です。主な原因として考えられているのが悪い姿勢や運動不足。同じ姿勢を続けていると特定の場所に負担がかかり、たとえその負担が軽度でも、長時間持続すると筋肉の緊張が偏って起こり、肩こりにつながります。運動不足などによって、筋力が低下すると疲労物質が溜まりやすくなるため、肩こりになりやすいです。また、現代人に多く、歯のかみ合わせの悪さや眼精疲労からくる肩こりもあります。目の疲れは交感神経を刺激し、筋肉を緊張させます。とくに目と首は近い位置にあるため、目が疲れると、その信号が目の神経を介して首周辺の筋肉を緊張させやすく、肩こりの原因になると考えられています。


関連記事